人気ワーホリブロガー・ひつじさんにインタビュー!!

ワーホリブログといえばたくさんありますが、その中でも現在進行形でワーホリしている中で、最も有名かつ優良なワーホリブログを運営する、ひつじさん。

以前カフェでお会いした時には、さすがワーホリの先輩だけあって、良い情報をたくさん頂いた。

さて、今回はそんなワーホリブロガーひつじさんが語る、英語の勉強方法やワーホリで大切なことなど、インタビューをお届けします。

ひつじさんインタビュー

英語を極めたいと思った

――ワーホリに来た理由を教えてください。

ひつじ 緊張するなコレ(笑)。就活したくなくて、就活をやめて。なにをしようか迷っている時に、前から英語は好きだったから、英語を極めたいと思った。英語がぺらぺらしゃべれるようになったらめっちゃかっこええやん!みたいな感じで、留学に行きたいなと思った所でワーホリの制度を知って。

そのときお金もあまりなかったから、「お、ワーホリいったろうかな」と。

語学学校はあまり英語伸びる気せえへんくて。周り日本人とか、英語がもともと喋れない人ばかりやから。むしろワーホリで、働きながらの方が英語が伸びるのではないかと思い、ワーホリに来ました。

ひつじ2

――ワーホリ前の英語力はどうでしたか?

ひつじ 文法は超好きで、受験勉強でもそこそこやっていたし、TOEICも800点取ったりしていたので、読むのはすごく得意でした。

難しい単語とかはわからないけど、どんな文章であれ、だいたいの意味は取れるレベル。

でも、受験英語しかやってこーへんかったから、リスニングとスピーキングが壊滅的で、こっち(シドニー)にきたときは「How are you?」って聞かれたときの返しすら危うかった(笑)。

ノリが分からんくて、「How are you?」に対して「Oh, yeah..#$%&”!んっんー…」みたいな感じで、ノリでごまかしてたくらい出来ませんでした。

――それ以降どう英語を勉強しましたか?

ひつじ さっき言ったように、基本的な文法とかはできていたので、その上で、リスニングはHuluとかで海外ドラマを観てました。スピーキングは、Skype英会話とかやってたり、Language Exchangeとか一応日本でもちょこちょこやってました。

TOEICの勉強法はこちらに書いてあるのでみてみてください(笑)

【秘訣】たった1か月でTOEIC800点を取る勉強法 基本戦略編

――ワーホリで英語は伸びましたか?

ひつじ ちょっとは伸びたと思います。あと大きな声で喋るとか、そういった度胸はついたかなと思います。最初よりは上がっているとは思いますが、自分が目標とするレベルには全然達成していないので、いまかなりガチでやっています。

公園

英語と歯医者は大切

――シドニーという街はどうですか?

ひつじ シドニー超良いです!住みやすいです。えー・・住みやすいです!天候がめっちゃよくて暮らしやすいし、人もみんな優しくて、いろんな国籍の人がいるから、皆おおらかで、良いです。ただ日本人も多いので、(英語を伸ばすという点では)そのへんはどうかなと思います。次は小さい街に行きたいと思います。

――これからのご予定は?

ひつじ あと1年半くらいのワーホリで、英語を絶対に100%納得できるレベルまで仕上げます。そのあとは、日本へ帰って自分で商売をしたいなと思っています。

――これからワーホリを考えている人に対してアドバイスや、自分がこれはやっておけばよかったことなどあれば教えてください。

ひつじ アドバイスは、確実に英語のみに集中!するのが良いと思います。日本人とばかりつるんで遊んでばかりだと、何も得ずに日本に帰ってしまうので。英語に集中していれば、外国の友達を作らざるを得ないし、むしろその方が面白くなると思うので、良いと思います。

準備しておいた方がいいと思うのは・・とにかく英語はできるだけ、これでもかってくらい、もう私は文法はやらなくて良いよってくらいやるのと、歯医者!歯医者言ってください!親知らずが痛いです(笑)

(完)

インタビューの感想

ちょいちょいすごいことをしていても、それを表に出さない謙虚さと人の良さがひつじさんの魅力です。彼のブログが人気なのも、等身大な記事内容と人柄の良さが文章から伝わってくるからなのではないでしょうか。

また、有益な情報も惜しげも無く教えてくださるので、とても感謝しています。今後はファームや違う街にも行かれるということなので、もし近くにいることがあれば声をかけてみるといいと思います。惜しげも無く会ってくれると思います。笑

僕もひつじさんにインタビューしてもらったので、是非みてみてください。

現役シドニーワーホリ中「Kazking」さんに独占インタビュー!英語を伸ばす秘訣が!?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です