シドニーでローカルのインターンとバイトをゲットする方法

こんにちは、kazkingです。

「なにして生きてんの?」

って最近友達に聞かれました。

自分でも何して生きてるかなーと振り返ってみると、結構いろいろやってました。

翻訳、ライター、CMや映画のエキストラ、ドローン、こっちでのバイト(某フレッシュジュース屋)などなど。

それから、「どうやってその仕事ゲットしたの?」って聞かれました。

というのも、自分ではあまり考えたことがなかったのですが、「ワーホリ」というとたしかにジャパレスとかで低賃金で働いている人が多いのです。

日本人の友達が出来る点では良いのかもしれないのですが、やっぱローカルの仕事のほうが給料いいのになーって思います。

こっちは賃金が高いので、バイトだけでも十分暮らしていける程稼げます。

そこで、今回はローカルのインターンやバイトをどうやってゲットしたのか、ご紹介します。

探し方

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-8-56-49

バイトやインターンシップは基本的にseekindeedから探します。

indeedでは、キーワードを登録すると、そのキーワードに合致する仕事があるときにメールで送ってくれるので、オススメです。

日本と違ってレジュメとカバーレターを送る必要があるので、テンプレートでも探して、書いていきます。

あとは送って返事を待つだけ。

「どうやってインターンをゲットするか」というとこれだけです。

あとはどんなインターンなのかによっても違いますし、どんなスキルや経歴があるのかによっても違います。

でも大事なのは折れない心です。

だめでもどんどん送りましょう。

英語力はある前提

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-8-56-56

ローカルのインターンやバイトをゲットするためには、英語でコミュニケーションがとれることが前提になります。

僕がやっているインターンもバイトも日本人は自分だけなので、もちろんすべて英語です。

なので、どうやったらローカルのインターンとバイトゲットできるの?

と聞かれたら、英語ができる前提で、あとはseekやindeedで仕事を探して送りまくるだけです。

でもどうしても英語力がない人におすすめなのが、エキストラのバイトです。

というか英語力がある人にもオススメです。

なぜなら、有名なハリウッド俳優に会うこともできるし、給料も超いいことがあります。

ジャスティンビーバーに会ったり頭丸められたり、濃厚なハリウッドエキストラ1日目、2日目

例えばフューチャーされれば一日で$1000近く入ることもあるし、最低でもローカルのバイトと同じ基準の給料がでるからです。

また、日本人を必要としている場合もあるので、有利になります。

英語力があまりない友達でもできていた仕事です。

難点としては、いつ仕事が入るか分からないので、他のバイトと掛け持ちすることをおすすめします。

質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です