アメリカ発の次世代農業「アクアポニックス」がすごい!

こんにちは、kazking(@kazking_com)です。

じつは6月19日に、おうち菜園さん主催の「アクアポニックス交流会」に参加することになりました。そこで、アクアポニックスについて何も知らないので予習をしておこうと思います!
初めてその名前を聞いた方も一緒に勉強しましょう!
floatingGarden07 Web

photo by http://www.benjamingraindorge.fr/

アクアポニックスとは?

以下が日本アクアポニックスさんの解説です。

アクアポニックスという言葉は、水産養殖(Aquaculture)と水栽培(Hydroponics)という二つの言葉から出来上がった単語です。水産養殖と水栽培それぞれの属性を共有し、個々で持ち合わせている機能よりはるかに多くの発展があります。アクアポニックスとは、水産養殖と水栽培を組み合わせた合理的で独特な栽培方法です。
つまり、魚を飼いつつ農業もできてしまう循環型の農法なんです!
魚のフンを養分として植物が育ちます。そして、その水もまた浄化されて水槽にもどっていくのでとってもエコ。
しかも、めっちゃおしゃれ!

video_image

photo by http://aquasprouts.com/

これならインテリアとしても機能するし、家庭菜園も簡単にできますよね。
アメリカ発のこの農法、日本ではまだあまりしられていません。
しかし、これこそ次世代の農業なのではないでしょうか!

なぜアクアポニックスに興味をもったか?

大学時代には、ヘルスサイエンスの研究をしていました。具体的にいうと、 農業のヒトへの身体的、精神的、社会的な効果を調べるというものです。つまり、「農業は健康にいい」という感覚的な認識を科学的に証明しようということです。

なんでこの研究をしたかというと、周りに鬱の人がたくさんいたから。
自分は鬱になったことがわからないけど、やっぱり見たり話を聞いていると辛そうです。で、僕自身も何をしてあげればいいかわからない。

下手に「頑張れ」とかいうと逆効果だし、良かれと思ってやることでも、「どうせあなたは鬱じゃないから私の苦しみはわからない。。」となってしまう。

そこで、鬱になるまえに予防できたらいいなと思った。
 5

photo by https://katiejoycrawford.wordpress.com/

で、自然や運動が鬱にいいと聞いていたので、だったら自然と運動を兼ね備えた農業もいいだろうということでこの研究をしました。実際に園芸療法なるものもありますし。

でも、都会に住んでいる人が畑で農業をやるのはなかなか難しい。

そこで見つけたのがアクアポニックスです。

アクアポニックスだったら、どんなに都会でも部屋の中で手間をかけずに植物や魚を育てることができます。しかも、自分で食べる野菜を食べる分だけ自分で作ることが出来れば環境にも優しい。

僕はアクアポニックスに未来をみました。
こうしてアクアポニックスに興味を持ち、交流会にも参加することにしました。
当日が楽しみです!
その様子もお届けできたらと思います。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です