イタリアが舞台のサーフロードムービー『ベラ・ヴィータ』を観てきた!

こんにちは、kazking(@kazking_com)です。

イタリア人とアメリカ人の両親の間に生まれた、サーファーでありアーティストでもある主人公クリス・デルモロが自らのルーツであるイタリアのトスカーナを旅するロードムービー、『Bella Vita』(ベラ・ヴィータ)を観てきました。

まさに僕が理想とするライフスタイルがそこにあり、「幸せとはなにか?」について考えさせられる最高の映画でした!

あらすじ


出典:http://www.laidback.co.jp/bellavita/

イタリア人とアメリカ人の両親の間に生まれた、サーファーでありアーティストでもある主人公クリス・デルモロ。その彼が30歳を迎え、自らのルーツであるイタリアのトスカーナへ自分探しの旅をするドキュメンタリーのロードムービー。

旅をする中でサーフィンをするのはもちろんのこと、彼の友人や祖父母の家、イタリアの職人を訪ねる中で、”Bella Vita”、つまり「美しき人生」が描き出されています。

サーフィンが好きな人はもちろんのこと、イタリアが好きな人、旅が好きな人、全ての人に観てほしいです。その中で、「幸せとはなにか?」についてとても考えさせられる作品です。

感想

とにかく主人公のクリス・デルモロがかっこいい!!

それだけで見る価値のある映画だと思っております笑

また映画の中に出てくる彼の友人達もかっこいいんですそれが。

DP_INDOMO-1060-Version-21
出典:http://www.liquidsaltmag.com/2010/02/chris-del-moro-living-the-life/

もちろん容姿がかっこいいというのもありますが、そのライフスタイルがかっこいい。

自然と共に生き、環境問題にも取り組む。

冒頭で「半年働いて半年は旅をしている」とサラッと言ってましたが、それも日本にはあまりないスタイル。

またアーティストでもある彼は、映画中で壁に絵を書くのですが、それがまたすばらしい!

「天は二物を与えず」と言いますが、彼は何物も与えられていると思う。

まさに根っからのアーティスト。

で、劇中ではイタリアのワイン農家や職人達が映し出されます。

みんなで笑っておいしいごはんを食べて。

青い鳥の話ではないですが、幸せってそこにあるんだなと思わされる作品でした。

彼は映画の最後に「愛する人のために時間を使いたい」ということを言うんです。

僕たち日本人は生活する為に朝早くから夜遅くまで働いて、忙しい生活になりがちです。

でも、「何の為に生きているのか?」と考えた時に、やっぱり不幸せになりたい人はいないと思う。

幸せになりたいはずです。

じゃあどうやったら幸せになれるかっていったら、金持ちになろうとか遠くを目指すのではなく、彼の言葉にあるように、身近な愛する人のために時間を使うことで幸せになれるのではないでしょうか。

ぼくはこの映画をみてそう思いました。

人それぞれの幸せはあると思いますが、考え直すきっかけとしてこの映画はとてもいいと思います!

オススメです。

IMG_3006

彼が映画の中で乗っていたバイク。

めちゃくちゃかっこいい!

こんなんでイタリアを走ったらさぞかし気持ちがいいんだろうな!

6月13日より、ヒューマントラストシネマ渋谷ロードショーです。

東京ではそこだけのようで、いつまでかも分からないのでお早めにどうぞ!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です