思ったより簡単!国際免許の取り方

よう、kazking(@kazking_com)だ。

前の記事に書いたように、2週間シドニーに行くことになったんだ。

で、あっちでも運転がしたいから国際免許が必要なんだけど、フランス留学の時に作ったものだから、もう期限が切れてるんだ。

だから更新に行かないといけない..

必要な書類とか自分で調べるついでに、みんなの参考にもなれば良いと思う。

結構取るの簡単だから、海外で運転するか迷っている人はとりあえず作っておくといいよ。

なんか今日は口調が変だけど、それじゃあいくぞ

45B9E561EC

国際免許とは

国際免許ってなに?って人はいないと思うけど、一応

国際免許証とは、日本が加盟しているジュネーブ条約に基づいて各都道府県の公安委員会が発行するもので、条約の加盟国がそれぞれの国で発行された国際免許証を認め合うものです。

出典:http://abroad.driver.jp/license/#7
つまり、日本の免許証で海外でも運転するためのものなんだよね。

ちなみに国際免許証で運転できる国はこちら。

スクリーンショット 2015-06-22 13.59.19

出典:http://abroad.driver.jp/license/#7

制度が変わることもあるから、自分が行く国で使えるかはもう一度公式サイト等で確認してくれよな。

有効期限は発行から1年だ。

1年もあればだいたい足りるだろう。

それ以上滞在する人は、その国の免許を取ったりする必要があるから別途しらべてみてくれ。

取得方法

じゃあ肝心な国際免許証の取り方を説明したいと思う。

申請場所

国際免許証の申請をするのは、各都道府県の警察署の運転免許かや免許センター、運転免許試験場だ。

東京の場合は、運転免許試験場は府中、鮫洲、江東、運転免許センターは神田、新宿、指定警察署では世田谷、立川、板橋の警察署で申請ができる。

警察署によっては発行に2週間程度かかるところもあるみたいだから、注意が必要だ。

ちなみに俺は立川警察署で発行したとき、20分くらいで発行された。

詳しくは警視庁のウェブサイトをみてみてくれ。

申請に必要なもの

申請に必要な物は、以下の4点、人によっては5点だ。

1、運転免許証

2、写真1枚(縦5cm×横4cm、無帽、正面、上三分身、無背景、枠なし、申請前6か月以内に撮影されたもの)

3、パスポート等渡航を証明する書類

4、発行手数料2,400円

5、以前に発行したことがある人は、その国際免許証

3についてだが、以前立川警察署で発行した時に、メールで送られてきた航空券だけを窓口で見せたら断られたので注意が必要だ。

確実に済ませたい人は、パスポートと印刷した航空券を両方もって行くことをお勧めする。

5については無くしてしまった場合は窓口に言えばいいらしいが、事前に確認しておくことを勧める。その場で断られてもう一度行かなければならないのは面倒だからな。

以上で発行完了だ。

思ったより簡単だろう?

ほぼ即日で発行されるはずなので、拍子抜けするかもしれない。

あとは、運転する国の交通ルールを勉強するだけだ。

というかこちらがメインかもしれない。

国によっては車線が逆だったり、俺が初めてシドニーで運転したときなんかはラウンドアバウトなんかで苦労した。

こうゆうやつだ

roundabout

出典:http://www.asahi.com/articles/ASG1W3FS7G1WPQIP003.html?iref=comtop_photo

また、日本と違って海外では平気でクラクションをならすので、ならされてもくじけないでほしい。

更に運転中は鍵をしめておいたほうが良いかもしれない。

事故った時なんかに脱出するために開けておいたほうが良いということもあるが、例えばトラブったときなんかは、相手ドライバーが車をおりて攻めよってくることもあるからな。

ビビらせてしまったかもしれないが、「普通」に運転していれば問題はない。

それ以外は、シドニーのブルーマウンテンなんかのドライブは最高だ。

車通りが少ない上、見晴らしがいいから相当気持ちがいいぞ。

事故に気をつけて、ぜひ海外でのドライブを楽しんでもらいたい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です