どうやって旅の資金を貯めるか考えた

以前、こんな記事を書きました。

で、ポチったのはいいけれどやっぱり資金を貯める必要がある。

なので、どうやって資金を貯めるか考えてみた。

それには二つの方法がある。

SDM03P88BO

お金を貯める方法

お金を貯めるには「収入を増やす」ことと「支出を減らす」ことが考えられる。

意外とみんな「収入を増やす」ことに目がいきがちだけど、今すぐ始められて効果的なのは、支出を減らすことだ。

そこで支出を減らす方法を考えてみた。

支出を減らす方法

まずはなににお金を使っているか、一週間の行動を振り返って項目を挙げてみる。

交通費

食費

雑費(お菓子、飲み物etc..)

lespas(ヨガとか)

以上が主な支出項目だ。

まずは「交通費」

これは電車での通勤を指す。なかなか削減するのは難しい。

でも、歩ける距離はできるだけ歩くことにすれば削れる。

ということで、徒歩1時間圏内はできるだけ歩いている。

健康にも良いし。

「食費」

これは単純に外食を控えることにした。

昼も弁当持参。

こうすることで、だいぶ支出を削れる。

「雑費」

普段、お菓子やコーヒー、ペットボトルの水などを買うことが多いがこれを削ることにした。

コーヒーは家で入れて持参。

ボトルはbobbleという、水を浄化出来るマイボトルを購入した。

水道水を入れて持ち歩くので長期的にみれば節約にもなるし環境にも優しい。

「lespas」

これは月額1万円。結構大きい額だ。

でも、ヨガは本気でやってるしあまり支出を抑えすぎても精神衛生上よくないのでこれは続けることにする。

支出をまずは減らした上で、収入を増やす方法について考える。

収入を増やす方法

お金を貯めるには、当たり前だけど収入を増やすことを考える。

お金を得るには、「事業をやる」方法と「雇われる」方法があると思う。

もっと上の段階に行けば「他人に稼いでもらう」とか「お金に稼いでもらう」みたいな概念もあるのだろうけど、いまは直近の旅の資金を貯める方法について考えるので、そこは自己啓発本に任せるw

まず「雇われる」方法について。

これは簡単に言えばバイトや就職。

でも自分は直近の旅の資金を貯める必要があるので、融通のきくバイトを選択する。

でもあまり時間の切り売りをしたくないので、7月の週末だけバイトをすることにした。

実は計算してみると、支出を減らして7月の週末にバイトをするだけでこの前ポチったシドニー行きのチケット代はまかなえる。

でも次につなげたいので、「事業をやる」方法についても考えてみる。

事業をやるといっても、いまの自分の環境では3つくらいに分けられる。

1つめが、単純に日本国内でなにかを始めてみることだ。

具体的には、高齢者向けのおつかい代行サービス。

なんでこれかというと、資本が全くなくても始められるし、お客さんにも喜ばれるから。

事業なんていってるけど、感覚としてはおばあちゃんのお手伝いだ。

2つめが、オーストラリアにいる間にビジネスをしてみること。

まあビザ的にはアウトかもしれないけどw、小遣い稼ぎ程度なら大丈夫でしょう。

具体的には、フードマーケットで日本食(焼きそば、たこ焼き、寿司など)を販売。日本のお菓子を売ってみる、などなど。

知り合いの中国人がラーメン屋を開いたり、個人的にフードデリバリーなんかをやっているから、敷居はそんなに高くない気がする。

3つめが日本とオーストラリアを横断してビジネスをやってみることだ。

日本のモノをオーストラリアで売る、オーストラリアのものを日本で売ってみる。

具体的には、オーストラリアの特産品をパッケージにして日本の人に売ったり、逆もまたしかり。

いまはBaseとか、個人がECサイトを簡単に作れるサービスがあるから良いよね。

前に日本のコスメをオーストラリアで売ったことがあるんだよね(そのときはすこし稼げたけど費用対効果が見合わなかったので辞めてしまった)。

いまはこの3つをやってみようと思ってる。

今の時代は個人でなんでも出来る時代だから、スモールビジネスをマシンガン的にいくつもやってみるほうがあっていると思うんだよね。ショットガン一発ぶっぱなすよりも。

その中で当たりがでればその事業を育てていけばいいと思う。

いまはこんな感じで8月のオーストラリアに備えてる。

何かもっと良いアイディアがあったりしたら教えてくだちい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です