ワーキンホリデーの保険について調べてみた

最近、貯金がないにもかかわらずシドニー行きの航空券をポチり、

ワーホリに行きたすぎるのでかかる金額を計算し、

旅の資金を貯める方法について考えた。

で、あと1ヶ月もしないうちに2週間のシドニー旅行に行くわけですが、ここまで具体的に考えていると本当に「ワーホリ行けるんじゃね?」って思い始めましたw

2週間の旅行を、1年間のワーホリにえいやしようかなと。

ちなみに現在の貯金はゼロ、準備もしていません。

でもやっぱり金銭面での壁があるわけで。

今回はかかる費用の中で大きな項目になってくる(1年間で10万以上)、ワーホリ中の保険について調べてみました。

ちなみにオーストラリアを想定しているので他の国には当てはまらないこともあります。

そもそも保険に入る必要があるのか?

まず、そもそも海外旅行保険に入る必要があるのか?そこから調べ始めたのですが、答えは「あなた次第」です。

保険会社はもちろん入ることを勧めてきます(それが商売だしw)。保険に入らないと、場合によっては数百万、数千万とられることもありますよ、と不安をあおることによって。

でも、実際に調べると入らずに1年間過ごしている人もいるし、自分もフランス留学時代に入ったけど結局1年間まったくお世話にならなかった(お世話になる必要がなかったのは良い事だけど)。

結局保険は確率論なので、「あなた次第」という答えになると思います。

実際ホリエモンは、

保険は割に合わないギャンブルだ

とまで言っています。

でも、海外旅行保険なしで海外に行くのにはやっぱり勇気がいる。

そこで僕がワーホリ行く時は、最低限できるだけお金がかからないように入ろうと思います。

保険の基礎知識

正直調べるまでしらなかったけど、知っておいたほうが良いなと思ったことは以下の3点です。

1、「日本の」海外旅行保険は出発してからは加入できない=日本で出発前に加入する必要がある

2、クレジットカードに海外旅行保険が付帯してることもある

3、現地でも加入できる保険がある(しかも日本より安い)

1、「日本の」海外旅行保険は出発してからは加入できない=日本で出発前に加入する必要がある

なんて不便なんでしょう。

「とりあえずいまは保険まで入る余裕がないから無保険でオーストラリアで働いてある程度貯まってから日本の海外旅行保険に入る作戦」を実行しようとしていたのですが、なんと海外からは日本の保険には入れないみたいです。

入れる保険があったらすいません。

でもググっても見当たらなかったのでおそらく一般的には無いのでしょう。。

2、クレジットカードに海外旅行保険が付帯してることもある

これも知らなかったのですが、なんとクレジットカードに海外旅行保険が勝手に付いていることもあるみたい。

ただクレジットカードを使って支払う必要があったり、カードによって条件があるみたいです。

でもだいたい90日間は無料の保険がついているので、短い旅行であればわざわざお金を払って入る必要が無いわけ。

で、ググってみた結果、総合的にはエポスカードが良いみたい。

わーいたまたま持ってた。

詳しくはホームページをみてみてください。

3、現地でも加入できる保険がある(しかも日本より安い)

これはお得!カバーされる範囲が日本の保険のものとはもちろん違ったりするけれど、だいたい日本の海外旅行保険の2分の1の値段で入れるようです。

例えば、ユニケアやOVHC、学生ビザならOSHCがあるようです。

ここに詳しくのってました。

どの保険に入るのがお得なのか

じゃあ結局どの保険に入ればお得なのか。

いま僕がワーホリに行くとして考えているのは、

クレジットカード付帯の海外旅行保険で90日過ごし、切れる時にユニケアかOVHCにチェンジ!

です。

具体的なユニケアやOVHCの値段についてはぐぐれば出てくると思うのでそちらに任せますが、これが一番安上がりなはず。

情報は金なり〜

本当は保険にお世話にならないのが一番良いけれど、万が一のためにはこれが一番お得で安心して(しかし気は抜かずに)過ごせる方法なのではないでしょうか!

保険に入らないのは心配だけど、保険にそこまでお金をかけたくない方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です