岡本太郎のデビューのススメ。

僕のバイブルの1つが岡本太郎の『自分の中に毒をもて』だ。

まだ読んだことがない人は絶対に読むべき一冊。

その文章からは岡本太郎のエネルギーが感じられ、自分の中の何かが動き出す、そんな感覚になる。

そんな彼の言葉の中から、好きなものを選んでみた。全てが命に迫ってくる力強い言葉だ。

100423_24okamoto-tarophoto by http://www.albatro.jp/birdyard/illustration-art/okamoto-taro/index.htm

1,生きるというのは瞬間瞬間に情熱をほとばしらせて現在に充実することだ。過去にこだわったり、未来でごまかすなんて根性では現在を本当に生きることはできない。

2,ズバリ答えよう。金と名誉を捨てたら人間の「生命」がのこるんだ、精神の自由さから来るデタラメこそが真の芸術である。

3,いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこにとびこむんだ。やってごらん。

4,人間にとって成功とはいったいなんだろう。結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。

5,挑戦した不成功者には、再挑戦者としての新しい輝きが約束されるだろうが、挑戦を避けたままオリてしまったやつには新しい人生などはない。

6,手なれたものには飛躍がない。常に猛烈なシロウトとして、危険をおかし、直感に賭けてこそ、ひらめきが生まれるのだ。

7,自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい。決意の凄みを見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。

8,面白いねぇ、実に。オレの人生は。だって道がないんだ。眼の前にはいつも、なんにもない。ただ前に向かって身心をぶつけて挑む。瞬間、瞬間があるだけ。

9,僕は流れるって感じが好きなんだ。固定したものは全然つまらない。人生だってそうだろう?いつも流動的で、何が起こるかわからない。だから面白いんだ。

10,自分という人間をその瞬間瞬間にぶつけていく。そしてしょっちゅう新しく生まれ変わっていく、エネルギーを燃やせば燃やすほど、ぜんぜん別な世界観が出来てくる。

11,人間の運命というものは、99.9%が成功しないものだ。成功者でないほうがより人間的な運命だ。

12,自分自身を突き飛ばせばいいのだ。炎はその瞬間に舞い上がり、あとは無。爆発するんだ。

13,全身全霊が宇宙に向かってパーッとひらくこと。それが「爆発」だ。

14,人生は本来、瞬間瞬間に、無償、無目的に爆発し続けるべきだ。いのちのほんとうの在り方だ。

15,ぼくが芸術というのは生きることそのものである。人間として最も強烈に生きる者、無条件に生命を突き出し爆発する、その生き方こそが芸術なのだということを強調したい。

16,成功したら成功したでいい。失敗したら失敗したでいい。それだけでいい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です